オーガニックについて

オーガニックとは?

オーガニック製品とは、有機栽培の植物を中心とした原材料で作られた製品を意味しています。 昨今、多くの女性誌や新聞などでオーガニックコスメやオーガニック野菜などの言葉を多く見かけるようになりました。20世紀より、石油原料で作られた製品や農薬、食品添加物が使われた食品などでいっぱいの世の中に疑問をもたれ、「オーガニック」という自然から生まれたままの成分を使用した製品や化学薬品を使わない商品などが注目を浴びるようになったのです。

オーガニックの基準

オーガニックの基準は世界各国で異なり、各認証期間がオーガニックと認めるマークを発効しています。ニュージーランドでは、Bio-Groというニュージーランド・バイオロジカル生産者・消費者評議会(NZBPC)が認定書を発行しています。こちらから発行される認証マークのある商品は、世界中どこでもオーガニックとしての販売が可能となっています。 Bio-Groの認証を受けた生産者は、厳しい審査を年1回受ける必要があり、「安心と信頼」を証明する証となります。

http://www.biogro.co.nz/index.php/

オーガニックの注意点

オーガニックとはいえ、すべての人に合うとは限りません。 特に、オーガニックコスメなどは、植物成分からなりますので、人によっては肌に合わないものもありますので、ご注意ください。 保存料や防腐剤が入っていないものが多いため、使用期限を確認し、出来る限り早めに使い切ることも必要になります。 オーガニック製品は、天然素材を使用しているため、同一商品でも色味や香りが若干異なる場合がございます。同じ植物を使用しても、収穫方法、収穫地、抽出方法で、出来上がりに違いがでてきますが、製品自体に問題はございません。